統計学
JASA Journal of the American Statistical Association。最新号を含むAbstractがある。
JSTOR 統計学・経済学の代表的な雑誌に掲載された数年前までの論文が全文ダウンロード可能。
日本統計学会 学会誌の目次がある。あとはリンク集が使えるかしら。

petitcube

活字と出版
朗文堂 Garamondの解説に感心する。このページを読んで、活字世界の住人になろう。
字游工房 他社の書体を含めた書体の比較があって参考になる。仮名書体の違いについても同様。
ようこそ!書体の世界へ 書体デザイナー・佐藤豊さんのWebページ。フォントの談話室を覗くことがある。
Font Silo 書体デザイナー・平木敬一郎さんのWebページ。エッセイ「一言もの申す」がおもしろい。
週刊「字々放談」 フォントにまつわるエッセイ。「懐が広い」とはそういう意味だったのか。
活字の世界 元凸版印刷の方の活字にまつわるエッセイ・歴史紹介。世の中には活字好きな人が意外と存在することを知る。
snagano.web UNIXで使えるオリジナルビットマップフォントを提供している。
白舟書体 各種毛書体や印章が無償で提供されている。印章は実に美しい。

petitcube

数学教育
数学のいずみ 高校数学の指導案がある。自らの理解を試す最善の方法は他人に教えてみることだという格言の真理を実感。
向山型数学に挑戦 向山洋一氏を教祖と仰ぐ教育団体員のページ。出来の悪い生徒に合わせるために有能な生徒を足止めする各種工夫が泣ける。
丹後の実験Java 正5角形の作図ならばわりかし知られているけれど、正17角形を実際に描くなんて尋常ではない。Java様々だ。
中学数学の基本問題 Web上で基本問題を解くことができる労作だ。同様に、「高校数学の基本問題」もある。
数学科単元別指導計画 中学校で、各単元にどれくらいの時間が割かれているかがわかる。1年から3年までそろっている。
学校数学の指導内容各論 学校数学の一覧を大学レベルから見直すページ。変な構造だが内容はよい。トップページには教科全般の話がある。
K. Morisugi's home page 「講義ノート」と「自作 WZEditor40のmacro 」が役に立つ。
今月のコラム(閑話休題) 数学や物理に関するエッセイが月1回のペースで更新されている。歴史も交えて書かれており、おもしろい。
多面体のおはなし 多面体の基本から、Eulerの多面体定理 とその応用まで会話調で話が進む。
中学数学関係ホームページ集 私のページよりもずっと詳細なので、ブラウジングにちょうどよい。

petitcube

大学
放送大学 放送大学が見れる(聞ける)のは、東京に移る幸せのひとつ。私は番組表をいつも確認している。
LSE こんな大学で研究できたらいいなあと溜息はつきない。あはははは。
一橋大学 附属図書館HERMES)と情報処理センターとを利用している。

petitcube

先学(統計学/経済学。敬称略)
The Official Paul Krugman Web Page MIT教授で経済学者・ポール=クルーグマンさんのWebページ。過去の論文を読むことができる。一部の日本語訳もなされている。
経済・金融研究のための英語のホームページリスト リンクががどっさりあります。推薦図書まであります。感謝してます。
高橋一 確率過程論が専門だと思っていたら、数理統計学とあった。統計学の「授業ノート」がダウンロードできる。
田中勝人 計量経済学の教官。何年前の写真を載せているのだろう。
大津武 基礎計量経済学の資料がある。紙を配布するのではなくPDFで掲示する教官が増えた。
狩野裕 S氏によれば「東の青木、西の狩野」ということらしい。行動力のありそうな人だ。
小原英隆 金融論だが、なぜか英語学習法のページがよかったりする。
財政学の館 橋本恭之氏。「財政学のトピックス」「公共経済学講義ノート」など、上村氏に負けず劣らず充実したサイト。
上村敏之 「数値解析による財政道場」「経済学のためのインターネット基礎講座」など、充実した学習者向けサイト。
経済学の道標 「経済学で考える」の中に、テキストや参考書の情報が載っている。
稲葉振一郎のホームページ 社会政策のひと。書評・論文・雑文を公開している。書評日記がおもしろい。
出島敬久 計量経済学。最近、計量経済学の入門に線型代数の知識を仮定したほうがいいと感じる。「回帰分析の幾何学的意味」を見よ。
青木繁伸 統計学に関して、日本で最も豊富な情報が記載されているサイトであろう。

petitcube